ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言祝ぐカエル
2014年 11月 03日 (月) 23:51 | 編集
誕生日にも仕事。夕食の買い物に出てじぶんで作り、と、いつもどおりの1日。
せめてもと着物を着て過ごしました。

棚の上から言祝いでくれるのはカエルたち。

SHちゃんからのバースデイプレゼントです。高円寺の「Amleteron」の「幻のレコードジャケット」展に連れ立って出かけた折に出逢いました。
中のレコードも手づくり。
紙製だから音は出ないけれど、そのぶん、好きな曲を頭の中でかけられるのだ。

Amleteronは、わたしたちと縁浅からぬ方が店主をつとめておられるお店。
こぢんまりしたスペースに紙モノをはじめとする雑貨や本、音楽の魅力がきゅううっとつまって、
ついつい長居してしまう……。

並びの「HATTIFNATT」もまた、魅力溢れるお店です。

小柄なわたしでも肩をすぼめて入りたくなる、小さなちいさな扉。
くぐるたび、「不思議の国のアリス」の一場面を思い浮かべます。
そして、急勾配の階段や、ハシゴで上がる屋根裏めいたスペースなどなど、秘密基地を思わせる愉しさが。
嗚呼、またタコライスを食べたいな。




スポンサーサイト
舞えや歌えや その弐
2014年 10月 12日 (日) 18:21 | 編集
いまさらですが、5月あたまにアップしていた「舞えや歌えや」の続編を。

かをるさんと酒井さんの二人展は、なにかもうツボすぎてよく
訳がわからなくなりそうだったのですが、タイミングがいい(いえ、財政的には
不都合だったというべきかも…)ことに仕事の谷間に当たっており。

再度友人と待ち合わせたり、個人的にファンでもあるガラス作家さんと誘い合わせたりして、
けっきょく3回も会場にお邪魔したという、なにやってるんですかアナタ的なことになりまして。

でもしかたない。
好きなものは好き、としか言いようがありません。
で、そのたびに素敵なおふたりを撮らせていただき、


そしてわたしはかをるさん帯や先述の水玉大島、酒井さん作の帯留、指輪、羽織紐などの
数々をぶじに入手できたのでした。
メデタシメデタシ。

↑の写真は、東京初の川床として話題になった「豊年萬福」にて。詳細こちら↓
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/03/20o3d200.htm
ゆらゆらほわり
2014年 10月 11日 (土) 00:18 | 編集
思いがけず広がる世界。
日本酒の勉強会に参加する機会を得ようとは。

そして忙しいときほど、無性に着たくなるのはなぜなのか。
徹夜明けに仮眠をとって、20分ほどで準備を整え、
さ、繰り出すといたしましょう。


教えていただく日本酒はいずれもそれぞれ美味なれど、ただただ好みの一本は。
およそ2年ぶりに
2014年 03月 15日 (土) 23:37 | 編集
長い長いあいだお休みしてしまいました。
波のようにさまざまなことが寄せては引き、
引いては寄せて……、
すぐにも再開するつもりが、気づいたらこんなにも長期の
休みになっており。

以前よりぐっと頻度こそ減ったものの、着物への愛着にかわりはなく、
むしろ機会が少ないからこそ、着るたびに嬉しさをかみしめています。

今日は、昨年入手したiPhoneからの投稿トライアルとして、
本日出かけた先の写真を載せてみます。
これが着物の「Pass the baton」。
2010年 11月 25日 (木) 20:43 | 編集
さて、先週触れた、「着物ごころが立ち騒いだ日」のことなど。

この日わたしたちは、ふだん自由に着物を楽しんでおられる先達から、
彼女が手放すもののいくつかを、譲っていただく機会に触れたのでした。
あらたな使い手として引き継いだ──、という意味で、まさにバトンを
受け取った、と言いたくなります。

手放すに当たり、先達は丁寧に手を入れてくださっていました。

たとえば、お母さまが愛用しておられた小紋。大胆な柄いきが昔らしい
一枚ですが、それを洗い張りして、羽織に仕立て直しされました。
その際、こだわって「岡重」の襦袢地を羽裏にあしらわれたり。
haura.jpg 潮騒が聴こえそう。
(「岡重」の襦袢地、はじめて現物を見ました(笑))

使わなくなった兎の帯留には、あらたに淡やかな色の三分紐を組み合わせたり。
usagiobidome.jpg 丸っと兎 on 羽織。

SHちゃんが引き継いだ久米島紬は、裏におじいさま愛用の襦袢地があしらわれ、
渋さと粋とが溶けあって。
ちらりと見える八掛けに、ついふらふらとついて行ってしまいそう……。(笑)
kumejima.jpg

また、江戸時代のものだという百足の帯留には、SHちゃん、ひそかに興奮。
じつは2005年に東京都庭園美術館で開催された「日本のジュエリー100年展」で、
形は違うけれど百足の帯留を目にして以来、「いつかきっと」と思い続けていたらしく。
「5年越しの出逢い」となりました。(笑)
mukadetohannerib.jpg 贅沢な刺繍半襟を背景に。

このように大切にされてきたものたちですから、もちろん「いただいた」わけでは
ありません、念のため。
けれども、あくまで個人の持ち物を、顔を見て譲ってくださる形なので、私たちにとっては
なんとも得がたく、ありがたいご縁と出逢いとなりました。

そんなこんなで、あらためて、着物ごころがおおいに色めき、立ち騒いだわけでして。
krakusabaori_20101125111553.jpg 合わせてみました。krakusabaori_b.jpg 


そして、つい先日。
また別の形のバトンタッチを目にすることに。

着物仲間にして京都旅行にもご一緒したMさんのお友だち、Kさん。
(フェルト造形作家でもあります。先般、個展が終わったばかり)

たまたま、ご近所にお住まいということもあって、一緒に飲んだり
しゃべったりの機会が増えていたのですけれども──、そのKさんのもとに、
一枚の紬が届けられたというのです。

贈ってくださったのは、Kさんより少し年上のアーティスト。
展覧会をご一緒して親しくなったその方が、引っ越しにあたって、
「手元の着物を整理したい」と思い立たれたそうです。

布と糸を素材にコラージュ作品を作っておられる方が、その感性で
Kさんにと選んだのは、瑠璃紺色の紬でした。
「あなたの顔が思い浮かんだから」と、洗い張りして、寸法すべてを
背の高いKさんに合わせて、仕立て直して渡してくださったのだとか……。

その紬を手に、先日、Kさんが立ち寄ってくれました。
光を帯びた瑠璃紺色に、吉祥柄が織り込まれた紬は、色白で背が高いKさんにぴったり。
しつけ糸もそのままに、さっそくどんな帯が合うかの「コーディネート大会」が開催され(笑)、
いくつか素敵な組み合わせを確認しました。
rurikonniro.jpgkannta.jpg
色味の少ないイカット帯やカンタ刺繍帯、お似合いでした♪

こんな嬉しい「PASS THE BATON」も、着物ならではの楽しみかた。そんな想いを、
にやにやと胸のうちで楽しむ、このごろです。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。