ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これもナンパ……??
2008年 08月 06日 (水) 01:12 | 編集
や、びっくりしました。
なにがってね、つい先日、仕事の合間を縫って急ぎで灯屋2銀座店に
出かけた折のこと。
閉店19:00の直前に駆け込めるだろうか、というぎりぎりの時間だと
いうのに、例によって、着物をまとって出たのでした。
仕事帰りの人たちでそこそこ混みあう東京メトロ銀座線の中で、とつぜん
声を掛けられたのです。
「涼しそうねえ。いいわね、着物」
振り返ると、わたしより小柄な50年配の女性が、にこにこと
こちらを見上げておられます。
「なになさってるの、踊り? お茶?」
「あ、いえ。ただの着物好きです」
「ふうん。あたし昔、着付け教えてたことあったのよ。やっぱりいいわね、
日本人は着物よね」
なんとなく笑顔を返しますと、そのまま言葉が続きました。
「めずらしい帯してるわねえ。雀ちゃんってとこがまた、いいじゃない」
「ありがとうございます」
ちなみにその時締めていたのは、おなじみルリカケス(推定)の刺繍帯なんでした。
日本橋駅から乗って、すぐに次の京橋駅で下りるので、それだけで
話は終わるのかと思いきや。その女性も、おなじ京橋駅で降りるとのこと。
長くもない時間で、彼女がわたしに伝えたのは、銀座は中央通り沿いの
寿司店で働いておられること、日中の仕事に続けて「夜は第二部の仕事って
わけ」ということ。
「ね、おいしいし安いのよ。ランチはお汁もついて1200円。きっといらっしゃいね。
あ、水曜と土曜はダメよ、あたしいないから」
「わかりました、きっと行きます」
約束して、一丁目の交差点でお別れしたのでしたが、なんだか面白くて、
ひとり笑いながらアンティークモールに向かいました。
たぶんきっと、近々お邪魔するでありましょう。美味しいといいな。

さて、どうして灯屋2さんに急いで向かっていたかについては、また明日にでも。(笑)
baragara01musubeta 短めの帯、ようやく美しく結べました。
ただあの、最近お気にの帯揚代わりの空色シルクストールがどうにも見つからず、
しかたなしに、ほんとは半衿にしているインド更紗の古裂をちょいと、帯に挟みました。
やれやれ。                    (着物2年目/第34回目)
スポンサーサイト
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。