FC2ブログ
ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
そして、川カフェへ。
2009年 04月 14日 (火) 08:49 | 編集
3月最後の外出は、川べりでのランチでした。
かねて足を運びたかった「Peace Tokyo」に行ったのです。(こちらに、詳細記事が)

ここは、期間限定で多摩川沿いの兵庫島公園内に開かれる、テント張りのカフェ。
以前、おなじ職場でご一緒したLさんが英国移住を決めたので、お別れランチを
することにしたのでした。
「夏に来てみたくて友だちと約束してたんだけど、体調崩しちゃって。
今日来られてよかったー」とLさん。
偶然にも「Lさんちの近くに、気持ちよさそうなカフェがあるみたい」
とメールしたのは、その気持ちが伝わってきたから、かも??

どこだろねー。と探しながら砂利道を音たてて歩いていくと、おお、看板が。
つづいて建物も目に入ります。
27030913
「川カフェ」の名にぴったりの佇まいに心弾ませつつ、まずはシャンパンの
カクテルで乾杯! イギリスでの生活が長いLさん。プロのバレリーナとして
舞台に立っていた期間も長く、その美しい姿勢や仕草にはいつも、目を奪われます。

料理に舌鼓をうちながら、陽射しのもとで来し方やこれからを語りあいました。
27030905
27030907 前菜3種盛り合わせ。
2703090827030909 
揚げたてナスとフレッシュトマトのスパゲッティー & サラミとパプリカのピザ
いずれも、たいそう美味。これにちいさなデザートまでつくのだからたまりませぬ。
27030914 リコッタのチーズケーキ

風が強くなってきてからは、店内に移ってホットレモネードを。
27030910
飲み物も食べものも実に美味、そのうえお店の方も心遣いが濃やかで、
なんとも居心地のよいお店でした。
(あ、ひとつだけ、注意点が。公園内の建物ゆえ、お手洗いはすぐそばに
ある公衆トイレを使うことになります。わりに清潔に保たれていましたが、
着物の際はよくよく注意が必要かも──。ちなみに、荷物をかける場所は
ありませなんだ/2009.3末時点)

夜にも来てみたいねえ、と和みつつ、あっという間に時は過ぎて、
Lさん、次の約束の刻限が。
駅に戻ろうと歩きはじめたとたん、Lさんの目が見開かれました。
「うさぎ?」のひと声。うさぎの銅像でもあるのかと振り返ったわたしも
足が止まります。ピーターラビットが動いている……!!
3103090227030915
愛らしいうさぎさん、お名前は「ココ」。ココア色だから──、と
微笑む飼い主さんは、かわいくてならないご様子。お許しを得て
撫でさせていただきましたが、ほわほわの毛とよく動く鼻先が
なんともキュートで、しばらく離れられませんでした。
もうすぐ、ピーター・ラビットが生れた地・イギリスに向かうLさんを
祝福するような、ちょっと嬉しい出逢いです。

さて、駅前に着くと、かるくハグ&頬キスをかわします。
「イギリスに来るときは連絡してね」
「日本に来るときは声かけてください」
手を振り合って別れました。春の陽射しのような半日。ぽかぽかした胸を
かかえたまま、新宿に向かいました。
──その話はまた、別の折に。
4月の着物話もふくめ、ゆるりとUPしてまいります。まずは明日、15日に、の
心づもりでおりまする。
****************
3月最後のコーディネート↓。Lさんの洋装に合わせて、できるだけかろやかに──、と
思案したのですが、はてさて。
27030911 着物3年目/19回目
半衿は明るめの柄古裂。菫色が踊るサリー帯に、おなじく菫色の
帯締+居眠りうさぎの帯留でした。
スポンサーサイト



copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...