FC2ブログ
ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
あまりにも充実した…… その2
2009年 05月 10日 (日) 12:17 | 編集
すみません、5日には更新できませなんだ。
すでに例によって記事が山積中ですが(汗)、まずは前回の続きを先にアップ。
あとは、行ったり来たりしながら、ちょこちょこと書いてまいりまする。

さて、国立公文書館を出ると、すぐ右手に北の丸公園が開けています。
240409007
心地よい風に誘われてのんびりと坂を上がり、左手の小道に歩を進めて
いくと──、目に入るのは緑ばかり。ひとっこひとり、見当たりません。
思い切り深呼吸したり、さきほどトライしそこねた「外でのセルフショット」
を試したり、と好き勝手いたしました。その成果(?)はこんな感じで。↓
240409007
散策を愉しみながらゆったりと歩を進めると、人影がちらほらと。
奥はちいさな広場があって、お弁当を広げるのによさげな感じ──、
次回、調べ物をしに公文書館に来る折には、おにぎりでも持って
このあたりでいただくのもよいかも。などと思案が走ります。
やがて、武道館の端を巡り、田安門へ。ここを出れば、もう九段下です。
240409010
靖国通りをくだり、地図を覗き覗き、目当てのカフェを探します。
そのカフェとは、「三番町カフェ」。ここを左に曲がって、この細い道を
右かな? と口の中で呟きながら、ぶじ、辿りつけました。
240409008
平日の夕暮れ間近な時間帯、店内の人影はさすがに数えられるほど。
お許しを得て写真を撮った、そのメニュウはこれでした。さすがに
やや歩きつかれて、甘くて冷たいものが欲しかったので……。
240409011
アイスはもちろんですが、添えられたビスキュイに驚かされました。
甘味と苦味がほどよく混じり、口に入れるとほろほろと崩れます。
(……あれを食べにもう一度行きたい、かも……)
近代美術館のミュージアムショップで入手した、山本丘人の作品集を
読みながら、頭と足を休ませるひととき。
いやいや、じつにぎゅっと詰まった一日でありました。
この日は着物3年目/29回目でした。
240409012 おなじみの琉球紬にイカット帯で。
スポンサーサイト



copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...