ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノスタルジア
2011年 08月 31日 (水) 17:39 | 編集
さて、つづいて向かったのは、こちらも以前から立ち寄ってみたかった
北欧のヴィンテージもの家具や雑貨を扱っているショップ。
Stone Flower」でした。

このお店は、Mさん参加のグループ展が開かれていたギャラリー「STAGE-1」の、
すぐ近くにあるのです。厚手のガラスが嵌めこまれた、重い木の扉を引きあけると──、
中にはまさに、好みの世界が広がっているのでした。
stones01.jpg 扉、内側から撮るとこんな風。
stones04.jpg
stones02.jpg
あまりに調和がとれていたので、嬉しくておろおろしてしまうほど。
たまさか、そういう場所とめぐり合うのですが、「ああ、この感じがとても好き、
でも好きすぎて身のおきどころがない」という思いに囚われて、しばしどのように
振舞えばよいのか分からなくなる、というような──。
(神楽坂の「ここん」に足を踏み入れたときも、そうでした)

とはいえ、その思いは「ここにあるものが全てほしい」とか、「ウチをこういう風に
しつらえたい」とか、そういった願望に直結するわけではありませぬ。
たとえば色の組み合わせであったり、置いてあるもののバランスであったりが、
感覚の深いところにあるスウィッチを、ぱちん、と音高く入れてくれるような、
そんな感じなのです。
stones06.jpgstones07.jpg
そうした場所や物の中から、じぶんが今欲しかったり、必要であったりするものが
見つかったりすれば、それはまさに宝物にめぐり合ったような悦びに浸れる
わけでして……。
この日は、ちいさな飾り棚をひとつ、選び出しました。置き場所もあるので、
メジャーをお借りしてああでもないこうでもないと、迷う時間もまたわくわくと。
その間、お待たせして、Mさん、ごめんなさい。
stones03.jpgtana.jpg
Mさんじっくりチェック中。
(右が、ぶじにわが家におさまった棚。これからいっそう、中を充実させなくては)
※「Stone Flower」店内の写真はすべて、許可を得て撮影しています。

そしていよいよ、ギャラリーへ。
作家それぞれが作り出す、楽しい小宇宙を味わいます。
以前こちらにもご登場いただいた、Kさんのフェルト作品も!
(しまった、お許しをもらって、写真を撮らせていただけばよかった……)

後日、Mさんの作品を、ハガキ大にきゅっと凝縮してくださったものをいただきました。
nostalgia.jpg 
じっと見ていると、早く家に帰らなくてはと焦りながら懸命に自転車を漕いだ
子どもの頃を思い出し、ちょっと泣きたくなるのです。

と書いていて、ふっと感じました。
「好きすぎて身のおきどころのない」思いからは、かすかにノスタルジアの
香りがするようだ、と。

記憶の中にあるはずのない場所やものだと思っていても、心の奥底に刻まれた
思い出と繋がる「気配」が、ひそやかに立ちのぼっているのかもしれません。
スポンサーサイト
料亭は語る
2011年 08月 30日 (火) 17:20 | 編集
これもまた、今夏がはじまったばかりの暑い一日のこと。
丸半年ぶりに、Mさんと落ち合うことになりました。

ちょうど銀座の画廊でグループ展に参加しておられた、Mさん。
その作品を拝見する前に、ご一緒してLUNCHをいただこう、という話になりました。
ひさしぶりのこととて、以前から気になっていたお店を予約します。
宮本亜門氏プロデュースの「花蝶」。

伝説の芸者・花蝶が切り盛りする料亭……、というストーリーのもと、
独特の雰囲気をただよわせた料亭スタイルのレストランです。
実際、木挽町で昭和2年から90年間営業されていた同名の老舗料亭を
改築して作られたそうで、OPEN時から気になっていたのでした。
kachou03.jpg 誘いこまれるようなエントランス。

開店直後の予約をいれたので、はじめのうち、フロアにはふたりだけ。
お店の方にお許しを得て、撮影させていただきました。
kachou01.jpg
襖絵の駝鳥がなんとも愛らしく。欄間は往時のものを磨きなおして使っておられるとか。
料理も品よく満足のいくお味で、デザートまで美味しくいただきました。
kachou05.jpg ここにも蝶が。

さらに、会計を済ませて店を出る前には、マネージャー氏が案内についてくださり、
この料亭レストランのコンセプトや見どころを、あらためて一室一室、解説して
くださるというサーヴィスぶり。や、愉しいひとときでした、ありがとうございました。
kachounite01.jpg 思わず記念撮影。

さて、腹もくちくなったところでギャラリーへ、というわけにはまいりませず。

ひさかたぶりにお目にかかるとなると、ついつい「あそこもご一緒したい、
ここもどうかしら」と、お相手に合わせた行き場所を考えてしまう性質(たち)
なもので、いくつかご提案していたのでした。

そのひとつが、「五十音」という小さなちいさな、裏路地の文具店。
以前からいちど覗きたいと思いながら、なかなかタイミングが合わず。
文具好きのMさんとご一緒ならいっそう楽しかろうと思ったのですが、なんと。
日曜日のこの日、店はお休みなのでした……。
五十音
でも場所はわかったので、また次回を楽しみに。

さて、次はギャラリーにほど近い、もう一軒気になっていたショップに足を向けます。
──長くなったので、タイトルを変えて続けます。
夏きものlove その2
2011年 08月 28日 (日) 17:19 | 編集
あっという間に8月も終わろうとしています。
前記事に「つづく」と書いておきながらのご無沙汰、ひらにお許しくださいまし。
いろいろいろいろございまして──、もし詳細をお知りになりたい場合は、
最近の「日々是うみうし」にて。

と、お伝えしたところで、さて。
気を取り直して、ひょ~んんとタイムスリップ。7月頭の話に戻らせていただきます。

この日、SHちゃんとわたしはそれぞれ、「布と玩具 LUNCO」のフェアでいただいた
ものを身につけておりました。SHちゃんは、麻の小千谷縮に垂涎の芭蕉布帯。
十二単展01jpg鯰の帯留
琥珀をあしらった鯰の帯留は、ペンダントトップにもなる素敵な一品。

わたしのほうは、おなじく小千谷縮の絹ものでした。
この日はかなりの高温・高湿度が予報されていたのでちょっと迷ったのですが、
ぜんたいにアザミが散った着物と、ふしぎな北欧柄の帯との組み合わせは、
フェア会場でLUNCOさんに「いいわよそれ、ぜひ買いなさい!」と
熱烈にお薦めいただいたことでもあり(笑)、着た様子をお見せしたかったのです。
十二単展02ojiyachidimi2.jpg

とはいえやはり暑かったので、ふたりして塩飴を舐めたり水を補給したりと
用心しつつ、JR山手線で目白までまいりました。

ショップでぶじLUNCOさんやスタッフの皆さまにお見せできたうえ、
喜んでいただけてなによりでした。
その後、なぜかまったく違う話で盛り上がってしまい、ドストエフスキーの
「カラマーゾフ兄弟」について熱く語り合うなど、すっかりお邪魔して
しまったのでした。き、恐縮です……。(でもあの、楽しうござりました)

この日はたしか、お茶する時間もなくそのまま帰ることになったのでしたっけか。
よく笑ったこと、暑かったこと、「明治神宮にはまた散策に行きたい」と
思ったこと、が印象に残っています。

さてさて、以前にも書きましたが、今夏は昨年と打ってかわって着物を着て出る
回数が増えたので、パソコンの状態も落ち着いたところで、こつこつUPしてまいる
予定です。

ほかにもあれこれ、初・骨董ジャンボリーの話や、これは近々のこけし萌え話などなど、
行ったりきたりしながら書いていければと。
来月はせめて、10回はUPできますようにと願いつつ。──と書くと「今月はもう
仕舞いかい?」な感じですが、いえ、あと1回は書けるように、時間を工夫して
使ってまいります。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。