ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九月おわりに、遅ればせながら。
2009年 09月 30日 (水) 16:46 | 編集
ちらほらとお問合せもいただきまして、恐縮至極にございます。
あえてこちらでは触れておりませなんだが、今月発売の
七緒」(プレジデント社)誌 vol.19 秋号に、記事を書かせていただきました。

これまで、どちらかといえばお堅い系の仕事を重ねてきたので、
初のファッション関連記事だ、とばかりに、緊張いたしました。

えー、ちなみに。掲載時より、現在、2kgほど減量いたしております。
──だから? という突っ込みは、ご勘弁くださいまし。
ともあれ、着物を始めて、あらためて、本当によかったと
実感いたしたことでした。
ますます、楽しもうと思います。

九月の「着物でお出かけ」も溜まってしまいましたが、
なるたけ早めに、UPしてまいりたく。とりあえず、64回目は
吉祥寺で開かれた「布芸展」にまいりました。
nunogeitenn
長い長いあいだ、欲しいと思い続けた、こぎん刺し×あけびの籠バッグ。
ようやく手に入れました。(500円玉貯金が、半額分、貯まっておりまして──
って、こうして使ってしまうので、いつまでたってもいっぱいにはならないのです)
koginntoakebi
こぎん刺しの歴史をあらためて紐解きつつ、それがこうした形で
現代に受け継がれていることに、感謝の思いをあらたにしつつ。
いっぱい使うぞ、とうなずくのであります。

この日も、いつもの一張羅ひとえ、こと、野蚕紬+スザニ帯。
65回目が、以前触れた、友人の結婚披露宴でありました。


copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。