ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋葉絢さん、個展 絶賛開催中♪
2009年 10月 15日 (木) 12:39 | 編集
毎回、「まさか今回は、ツボなものは出ないのでは」と、なかば祈るような
心もちで赴く、秋葉絢さんの個展
本来は、蓋物や瓶などがメインの作品展であり、せっかくなので
そちらを入手したい。そう思いながら、つい、すぐに使える帯留に
目が眩んでしまうのです。

今回も、朝早くから電車に乗って、わくわくと会場に伺います。目的駅に
着くと自然と早足に……。(笑)
会場前の信号で止まると、ガラス張りのギャラリー内に、すでに数人の
人影が見えました。心弾ませ、中に入ります。
とたんに、あああ、どうして? と、叫びたくなるような新作が並んでいるのが
目に入りました。もう、逃げられません。

その子もよいけど、あの子もかわいい、でもだがしかし、予算があるのよー! 
と、忙しなく脳内でひとり囁き交わしが始まります。

今回は、いつもご一緒するmi さんと、「誕生祝に、ひとつずつ贈り合いましょう」と
約束しているので、よけいに気合が入ります。
あれ? そういえば、先に着いているはずの mi さんの姿が見当たりません。
まあでも、いずれはいらっしゃるはず。会場に着いた旨、メールを打つと、ふたたび
いそいそと帯留と向き合いました。

福良雀、捨てがたし。ふくら文鳥、なお、おもしろし。その一段上では、
初めて目にするフクロウが、つぶらな瞳でじっとこちらを見上げています。
また別の列では、大好きなカラスウリが、つやつやと光って目に
留まるかと思えば、となりでは紫式部が、深い紫の実をつけて並んでいる、
といった按配──。
「どれも、いいですよねえ」
「ほんとにねえ」
なぞと、初対面の方と親しく言葉を交わしながら、それぞれにまた、悩みを深めます。

ほどなくして、なんとか、両手にひとつずつ、帯留の箱を手にしておりました。
ふふふふふ、よかろう。ひとりうなずく中、mi さんも到着。
いったい、どうなさったんですか?
「早く着いたから駅前でお茶してたら、わんちゃん連れの奥さま方と
話がはずんじゃって……。おもしろかったのよ、これから警察犬に
なるコと、警察犬を引退したコがいて」
あー。そんな話題なら、わたしもついつい、身が入っちゃうと思います。
えっと、で、もう、決めちゃいましたから。
「はやーい。じゃ、わたしも~」

mi さんも、真剣選択モードに突入。
すでに決めたはずのわたしも、横から覗いていると、またも心揺れはじめ。
いや、いかんいかん。次の機会にとっておくのだ。
と、あわてて視線をそらすのでした。

それぞれ、ふたつずつ選び、うち、ひとつは互いへの誕生日祝いに。
ひとつは、日頃のご褒美に。支払いを済ませ、シールを貼って
いただくと、展示期間中は預けておくということになりました。
(そんなわけで、帯留の写真は個展終了後にUPします)

ようやく落ち着いて、あらためて、メインの作品を鑑賞させていただきます。
早やッ。すでに数点、そちらの作品にも売約済のシールがついているでは
ありませんか。
DMに写った「実りの秋」は、予想どおりのほほえましさ。熱心に稲穂を
ついばむ雀たちの、愛らしいさえずりまで聴こえてきそうです。
さらに今回、惹かれてならなかったのが「緋い小道(あかいこみち)」でした。
満開の曼珠沙華に染まった小さな道を、狐がとことこと歩いています。
彼(たぶん)の瞳に、緋色の景色はどんな風に写っているのか。そして
小道の先には、どのような光景が広がっているのか──、そっと後をついて
行きたいような、詩情溢れる作品でした。

ギャラリーに到着なさった作家ご本人ともしばし、歓談。お目にかかるたび、
お人柄と作品の融和ぶりに心温まる思いを噛みしめます。
さらに、うれしい再会がありました。
前々回の個展でお目にかかったHさんも見えたのです。
今回は妹さんもご一緒で、mi さんも交え、会場前のテラスに出された
ビールで乾杯。ほかのお客様がたとも話が弾みました。

Hさん、秋葉さん作の雀の帯留が映える、秋らしい色目のコーディネート。
茶、チャコール、淡い紫、効き色の芥子などがあいまって、なんとも魅力的、
かつ、とてもよくお似合いです。
お許しを得て、写真を撮らせていただくことに。
ちなみに、この後仕事が入ったmi さんは、洋装にて。
秋葉さんに何度も「洋服なので感じがちがって……」と言われていましたっけ。(笑)
わたしから見ると、どちらの姿も違和感なく“おなじmi さん”のですが、
最初から和装を見慣れている目には、やはり印象が異なるものなのですねえ。

この日の会場は、調布市仙川。出かけるときは、つねに「気分に合いそうな
食事どころ」を下調べしていく習慣が身についているわたくし、ふっふふ、今回も
アタリなお店に出逢えましたよ。長くなりましたゆえ、その話は次回に。
まずは、Hさん、そしてわたしめの着物写真なぞ載せておきまする。
kotenn01kotenn02 
                          茄子の刺繍半衿!
kotenn03kotenn04 (3年目/71回目)
いつもの古い結城に「LUNCO」さんで手に入れたハギレと、やわらか帯を合わせて。
襟足から半衿が思い切りはみ出ているのは、下の長襦袢の衿幅が着物のそれより
長い(高い)ため。(汗) 
直さなくてはと思いつつ、衿はちと面倒なので後回しにしていたのでした。
……反省。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。