ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
唄う、おもちゃのピアノ。
2009年 10月 27日 (火) 15:51 | 編集
盛りだくさんであった一日の締めくくりは、初めて体験する
「トイピアノ コンサート」。
文字通り、おもちゃのピアノによる本格的な音楽演奏、というものでした。
お声をかけてくださったのが、育休中の濱田先生に代わって
マトリョミンを教えてくださっている、アマヤフミヨ先生
コンサート会場となったのは、この10月にOPEN となった
深川東京モダン館」でした。ここの館長を、アマヤ先生のご友人が務めて
おられるというご縁にて──。

この日の演奏者は、ピアニスト・須藤英子さん。会場でいただいた曲目を
見て、驚きました。端唄あり、筝曲あり、東西の古曲ありの豊富な
レパートリーです。こ、こんな本格的な演目を、目の前で鎮座している、
おもちゃのピアノで弾くのですか……!
toypiano01toypiano02

会場の隅には、昔ながらのステンドグラスを背景に、ちょっとした
バーカウンターの設えもあり、コーヒーなどをいただけるように
なっていて──、建物の紹介は、またいずれ。

実際の演奏は、いやはや、驚きました。はじめの曲は、奏者が
お囃子がわりに口笛をはさみながら端唄を奏でるという、印象的な出だし。
トイピアノの紹介や、建物の紹介をはさみながら、ときに複数のピアノを
自在に弾きながらの演奏でした。

休憩を挟んで、トイピアノのために作曲された曲の演奏には、また
ちがう味わいがあります。なにしろ、その楽器の特性を活かした
曲目となっているわけで……。
ラスト、こんなモノも楽器として登場。水を注いだお茶碗です、はい。
toypiano03
澄んだ音を響かせていました。(笑)

朝から夕方まで、ぎっしり詰まった一日でした。
と、書きましたが、はや、10月も頭のことになってしまいました。そして、今は
10月下旬なのですね。うう。
またも出遅れ気味ですが、早めに(できれば今週中にも)中旬~下旬の話を
UPしてまいれるよう、努めます。まる。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。