ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さえずりも賑やかに……
2010年 01月 04日 (月) 23:33 | 編集

明けて二日目は、サントリー美術館に向かいました。ふたたび mi さんと
ご一緒です。(笑)

目的は、師走に見逃してしまった「清方ノスタルジア」展。
日本画家、鏑木清方の名品を集めて展示した、見応えたっぷりの展覧会でした。

今回印象的だったのは、音声ガイドに二度、登場した言葉です。
『清方の理想の女性像は「清く、潔く、うるわしい」でありました』。

この言葉を体現した人物こそが、妻の照さんであり、清方の描く女性像には
照さんが反映されることが多かったのだそうです。
照さんは、そうした清方の想いを裏切らないよう、身につけるものから
立ち居振る舞いにまで濃やかに心を配った──。
そう聞いて、彼の清冽な画風の 基盤となった生活の一端を、かいま見る心もちでした。

照さんがモデルだという「秋宵」もまさに、髪の一筋ひとすじにも、初々しさや
清らかさ、誇りたかさが感じられます。

また、画壇の人間関係に疲れはて、自身の絵まで見失いかけた清方が、
次女を描くことで「まったくじぶんをとり戻した」と語った「朝涼」にも、
描き手の心映えが瑞々しく宿っていました。

ほかにも、道成寺の清姫を描いた「春の夜のうらみ」に心奪われたり、
あるいは細かいところで、「娘」に描かれた女性が髪に挿す糸巻のかんざしや、
「洋燈」の女性の着物あわせにアイディアをもらったり、と、まさに
見どころじゅうぶんです。

さらに歩を進めて、「三遊亭圓朝像」に見られる人物観察の鋭さや、
「明治風俗十二ヶ月」にすくいとられた、活き活きとした情景などにも魅せられました。

興味深かったのが、幸田露伴の小説につけられた木版口絵。露伴の小説では
「是真の手による」と描写される〝手あぶり〟があり、それを清方が口絵でも描いています。
はたして、ちょうど三井記念美術館で開催中の是真展で、おなじものを
見つけられるかどうか……?
空想ではなく、これ、と清方が頭の中に思い描いて筆をとったのだとしたら、
あの口絵とおなじ作品が、実際に見られるかも知れません。

などと、あれこれ思いを巡らせるのも、また、なんとも心楽しいひとときでした。

そういえば、以前受けた「柴田是真」についての講義の最中に、鏑木清方著
「こしかたの記」(中公文庫)に是真との交流を示す記述が出てくる、と
お聞きしましたっけ。手に入れなくては。

この日は、不室屋プロデュースのミュージアムカフェが新年特別メニュウ。
ふやき御汁弁当のかわりに、お雑煮をいただきます。……さらに、もう少々、
食べたしたく、不室屋パフェにも食指を伸ばしました。
いずれも「大」のつく満足の一品で、舌の贅沢も味わえました。
02011006.jpg02011007.jpg

そしてこの日は、めずらしく、やわらかものに袖を通しました。
数えれば百羽はいようという雀たちが、にぎやかに飛び、さえずる
楽しい一枚──。真綿入りの古い博多帯を合わせて、心もちだけでも、
清方の描く世界にすこしでも近づこうというねらい。
(いえ、あくまでも、そういう思いで装いました、ということで)
02011001.jpg02011002.jpg (94回目)
mi さんは、わたしの大好きな一枚、蘇芳色に南天が飛ぶ小紋姿で。半衿の色と
着物の色、さらに帯とがやわらかなコントラストで、印象深い装いでした。
02011004.jpg

copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。