ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「男坂」なんかこわくない?!
2010年 01月 13日 (水) 16:22 | 編集
タイトルは「狼なんかこわくない」(庄司薫著/中公文庫)をもじりました。
薫くんシリーズを読みふけった10代を懐かしく思い出しつつ──、しかして
はるかに体力の劣る30年後に、港区は愛宕神社の男坂を、いきおいよろしく
着物姿でのぼったりした、そのわけは。

なかなかまとめて書く機会のない「例のツアー」にて、愛宕神社を訪ねた際、
せっかくなので江戸時代から「男坂」として名高い、勾配40度ともいわれる
石段をのぼってみましょう、という流れになったので。
09010001.jpg
きついと思われる方、別場所にエレベーターもありますよ、とのお薦めもありましたが、
せっかくここまで来て、どうして石段をのぼらずに帰れましょう。
のぼりはじめると、見た目より急勾配なことが実感できます。
09010002.jpg
けれども、わたしより若干年上のメンバーもふくめ、ぶじ全員、登頂できました。
09010003.jpg 見下ろすと達成感が……。(笑)

「男坂」というからには「女坂」も? と思われた方、お察しのとおりです。
右手に、やや勾配が緩めの石段があるのですが、いっそ、男坂を一定のリズムで
上ったほうが楽なのでは?? と感じる程度の差だと思われ。↓
09010004.jpg
実際には丘陵というのが近い高さではありますが、江戸時代に愛宕山、と
称されたことにもじゅうぶん、うなずけます。(愛宕山の名を持つ山は、
全国各地にありますけれども)

詳細は、おってツアーについての記事をまとめた折に触れますが(わたしに
とっての着物四年目となる今年の2/19以降から、ぼちぼちと書いてまいろうと
思います)、この日は、男坂をのぼったほか、各所目的地を回って、計5kmほどを
歩きとおしました。
こういうことを続けているから、下駄も擦り減るわけで……。

昨年頭にも、埼玉方面で長い長い石段を、下駄であがったことがありました。
(で、台をいためて修理に出したのでしたけれども(笑))
今回、お供してくれたのは、その折の下駄の色違い。黒田商店の綿入り下駄です。
04040904
どこまでも歩ける気さえしてくる、かるい履き心地。慣れてしまうとどうしても、
この下駄にばかり手が伸びてしまうのでした。
さすがにやわらかものには少々、顔つきがごついのですけれども……。
今年もよろしく♪

そして着物は、動きやすい紬に梅紬帯で。半衿は濃い色を合わせてみました。
上にコート+カシミアストールといういでたちでしたが、気温10度でも風がなく、
ストールは不要なくらいでした。
09010005.jpg09010006.jpg (96回目)
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。