ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三年目の終わりに、二度もあったできごと。
2010年 02月 22日 (月) 12:41 | 編集
先日の18日に、着物をまといはじめて四年目を迎えました。
ちょうど受験生をお預かりしていた期間中で(詳細こちら)、
なかなかブログにまで手が回りませず──。

ぶじに親元にお返しできて、ほっとひと息。そんな最中にも、着物は
着ていたのでした。

ひとつの目安として、電車に乗って出る折を「着物を着た回数」として
数えていますが、冬場はほぼ毎日、着物を着て過ごしています。
着物では不得手な、激しい動きをともなうこと(大荷物のある買物
ですとか、風呂掃除ですとか窓拭きですとか)以外は、長い割烹着を
着て動いていればまず、大丈夫。
相方母上にいただいたモスリンの襦袢や、つい先日、Mさんのお友だちに
いただいた古い襦袢などに、色の濃い半衿をつけて、ウールや紬に、
ときに半幅、ときに名古屋と、気ままに合わせて過ごしています。

いいかげん、着物にもすっかり慣れて──、と言いたいところなのですが、
たいへん残念なことに。
三年目も終わろうという頃に、はじめて、二度もおなじ失敗をしてしまいました。

着ている間に、タレが外れてしまったのです。

今年の年始に体験したときは、初おろしの、それもひじょうに短い帯だったので、
次から気をつけてしめよう、と思って過ぎたのでした。
(上にコートも着ておりましたし(笑))

ところが、二度目はつい先々週、近所への買物の折でした。
とちゅうでスーパーの化粧室に寄った際には無問題だったのですが、
帰宅して鏡をみて、爆笑。
いわゆる「だらりの帯」のカジュアル版……?!

近所へはいつも、ストール一枚羽織って出るだけなので、後ろは丸見え。
さぞおかしかったろうと思うのですが、あまりにふつうに歩いていたためか、
どなたからもご指摘を受けずじまいでした。
そもそも、いったいいつ外れたのか、気づかなかったワタクシって。
(たしかに、両手に持った食材の重さに、ふうふう言ってはおりましたが)

三年〝も〟着ている、どころか、たった三年〝しか〟着ていないのだと、
あらためて実感した失敗でした。

一・二年目は知らず緊張して、気をつけて着ていたのかも知れません。
このところ、鏡も見ずに適当に締めてしまったりしていたから……、
いやはや、反省です。

ちょうど四年目に入るにあたり、着物の神様に「もっと丁寧に」と
訓示をいただいたようなものかも。
四年目は、はい、あらためて初心にもどった心づもりで、大切に
まとっていこうと思います。

(三年目の残り数回分、今週中のUPをめざします)
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。