ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウクレレと着物?
2010年 03月 08日 (月) 15:40 | 編集
じつはワタクシ、ウクレレも習っております。

以前、ちらちらと記事内でも触れたかと思いますが、
マトリョーシカの筐体に、テルミンなる電子楽器の基板を仕込んだ
「マトリョミン」という不思議楽器に親しんで、およそ二年。

人前で弾く機会が少しずつ増えてきた昨今、マト仲間とユニットや
デュオで奏でる際に、ウクレレで伴奏できたら楽しいなあ、と
思ったのがそもそものきっかけでした。

このウクレレという楽器、サイズがいろいろありまして。

演奏会場で、マトリョミンに合わせて比較的大きな音で鳴らしたい
わたしが入手したのは、コンサートサイズという大ぶりのもの。
ケースに入れて持ち歩きますが、けっこうな荷物になります。
場合によっては、リュックのように両肩に背負うことも。

そして、ご存知のように、着物は機能的にも見た目的にも、肩に
ものを掛けるのには向いていない……。

そんなこんなで、ウクレレレッスンには、めっぽうカジュアルな洋服で
出向いております。

が。ある日、ひょんなきっかけで先生に「着物好き」だとお伝えして以来、
「ぜひ着物でレッスンに」と勧めていただいていたのでした。
「いえでも、荷物が」
「あら、教室のウクレレお貸しますから。手ぶらでいらっしゃれば
大丈夫ですよ♪」
そこまで言っていただいては、一度は着物で伺わないわけには
まいりませぬ。

というので、はい、自分なりにスポーティな(?!)組み合わせを考え、
レッスンに参りました。
0205.jpg(3年目/102回目)
これはこれで楽しうござりました。
ただ、まだ、ウクレレと着物、の組み合わせがしっくりきていないワタクシ。
あるいは、木綿着物ならイケるのかも?!
せっかくなので、チャレンジは続けてみます。(笑)


copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。