ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本屋に耽る──丸善・丸の内本店篇 その1
2010年 03月 15日 (月) 11:05 | 編集
話はまだ、先月の、それも半ばあたりをうろついております。

毎日、熱心に勉強していた中、試験日程もほぼ消化した受験生が、
めずらしく行きたいところがあると口にしました。

楽器店と、本屋。
その本屋というのが、丸善・丸の内本店でした。

丸善本店には、OPEN当初にいちど足を運んだことがあります。
当時の印象はといえば、「うーん、これなら日本橋店のほうが好みだな」
というものでした。
ですが今回、地図をプリントアウトしようとサイトを見ていて、思わず
喉が鳴りました。
四階ギャラリーで開催されている展示というのが、「新版画の美 『川瀬巴水 
木版画展』」なのです。

新版画。忘れもしない昨秋、mi さんと美術館をハシゴした折(記事はこちら)、
知らずにいた新版画の魅力に目を啓かれる思いをしたのでした。
中でも、川瀬巴水の作品には惹かれるものがあったのです。

初期作品の展示販売、さらに、後摺作品も100種類ほどを、すべて
見られますという謳い文句。この機会を活かさずにおられましょうや。

というわけで、ふっふ、「ちょうど丸善本店にはわたしも行きたいんだけど、
あとで合流しようか?」といかにも保護者ぶりつつ、はい、それを名目に
わたしも外出することといたしました。

書店に入った第一印象は、「あれ? こんなに充実してたっけ」。
4階に向かう間に、エスカレーターでのぼり、一階ごとにフロアを
横切っていくのですが、途中の面白そうな棚に、なんども足が
止まりそうになります。

いやいやいや、まず「川瀬巴水」だから。

向かったギャラリーは、ごくこぢんまりとした区分け。ただ、一見して
好みのものが並んでいるのが伺えます。
ほとんどお客がいない中、ごく間近で観られるとは、なんたる贅沢。
一枚一枚、食い入るようにして見ていきます。
──と、主催の「渡邊木版美術画舗」の方に話しかけられました。

いえ、もちろん、購入を見越して、なんて話じゃあありません。
なにしろ、初摺作品にはほぼすべて「売約済」シールが貼付されています。
見るからに素人のわたしに、作品の解説を、そっと後ろから添えて
くださったのでした。

ちょうどお手すきのご様子です。
ここぞとばかりに、さらに質問を重ねて、いろいろご教授いただきます。

新版画とよばれる作品についてや、震災でそれまでの版木はすべて焼失したので、
初期摺りがいっそう貴重となったこと、あるいはなぜか年配の殿方に人気の高い
作品について……。などなどお話いただき、ありがとうございました。

後摺作品にもじゅうぶん惹かれましたが(たまたま展示されていた初摺と
おなじ作品があり、ひじょうによく再現されていることを知りました)、
そちらは慌てずとも、画舗やネットで入手できそうな様子。

そこでまずは、充実した内容だった「川瀬巴水木版画集」(阿部出版)、
巴水自身の木版画製作過程を記録した映画(昭和30年代前半に、総天然色映画として
撮影されたもの!)のDVD、そして気に入った作品の絵葉書を数葉、選びだしました。
170201.jpg
中でも↓のハガキは、見るなり「これは彼女だ!」と友人の姿が思い浮かび、
彼女に送ろうと手に入れたのはよいのですが……、もう春、ですね。(汗)
手渡ししようかしらん。
170202.jpg

さてさて、こうした次第で、わたしの丸善本店に対する株は急上昇。
催事で評価ですか? と呆れるなかれ。
このあとさらに、書店そのものへの株もぐぐっと持ち上がるのです。
その話はまた、後日。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。