ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初春に鷹、その2
2011年 01月 06日 (木) 13:18 | 編集
さて、最初に披露されるのが「輪回し」です。
これは、鷹をふだんとは異なる環境(狩場)に慣れさせるための実演。
鷹匠や門下生たちが、それぞれの鷹を腕に乗せ、輪になってゆったりと
歩きつづけます。知らず知らず、身を乗り出すmiさんとわたし。
taka13.jpg
taka14.jpg
その後、いったん整列して挨拶があり、いよいよ放鷹術が披露されます。
まずは鷹匠と鷹匠の間を鷹が行き来する「振替(ふりかえ)」。
なめらかに、空中を滑るがごとく飛来して腕に止まる鷹の姿に、思わず拍手。
taka07.jpg
taka04.jpg
taka06.jpg
これは、それぞれの鷹を、専任の鷹匠だけでなく、他人にも馴らすための方法なのだとか。
二番目の写真で、鷹匠が腕を水平に伸ばして立っていますが、この拳の上に鷹を安定して
止まらせることがすべての基本、「据え」と呼ばれる型だそうです。
ちなみに下が、鷹を送り出す際の型。
taka18.jpg
つづいて、「渡り」が披露されます。
これは鷹をいったん樹木に飛び移らせ、そこから呼び戻す方法です。
taka16.jpg 今、呼んでいるところ。
taka17.jpg 
鷹匠の左手下に、今しも飛来する鷹の姿が見えます。

さらに、「据替(すえかえ)」。こちらは、鷹匠以外の人の拳に鷹をとまらせる
というもの。希望者は実演場で手をあげて依願するのですが、大勢の手が
あがっていました。これ、やってみたかったなあ。
taka09.jpg 素人の手にも、ちゃんと乗ってくれるのです。
ちなみに、皮手袋の上に、肉片を置いてもらい、そこを狙って鷹が飛来するのでした。

最後は、いよいよハイライトでもある「振り鳩(ふりばと)」。
実際に鳩を逃がし、鷹に追わせる実演です。
会場に設置された草叢から、鳩が飛び出しました。
すぐさま舞い上がり、後を追う鷹──、
taka19.jpg
猛禽類であることを、あらためて実感します。
(あくまで、江戸時代から伝わる鷹狩の技術を伝えるための実演上の
一環です)

それにしても、やはり、実際に見てみると、伝わってくるものが違います。
たぶん来年は、電通ビルからハヤブサが降下する術もみられるという、
初回を体験するために足を運びそうな気がする……。

覚書も兼ねて書いておきますと、今回見た実演の場合、開演30分前には
いちばん前の席はすべて、埋まっていました。
大きなカメラ&レンズを手にした方が目立ちましたね。
また、冷え込みの厳しいこの日、座ったベンチからしんしんと冷たさが
沁みました。撮影に熱心なあまりベンチに土足で立つひとも目立ったので
(正直これはいただけなかった。電車の椅子に土足で立ちますかい?)、
なにかしら敷物は必要かと。

冷えますけれど、会場に隣接して熱々の汁粉や甘酒、焼きそばなどを
販売する露店が出ていて助かりました。
----------
この日miさんは、高校時代から着ているという小紋。最近、裏をおとなっぽい
色に掛け替えて、また愛用しておられるそうです。
野蚕の帯の締め方を工夫されていて参考になりました。
わたしは去年の正月とかわらぬ組み合わせ。
01032co.jpg0103co.jpg
帯をずらして、繻子の黒を見せていますが、思い切ってmiさん
くらい折ればよかったと反省しました。(笑)
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。