ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2カ月が過ぎて
2011年 05月 13日 (金) 00:38 | 編集
震災から二カ月がたちました。
いまだ原発の不安はおさまらず、今後について途方にくれたままの
被災地の方も多い。また、二カ月たった今だからこそ、ショックの
揺り戻しのように恐怖や喪失感にとらわれる方も増えている──。

そんな報道を耳にするたび、よいのだろうか、と思ってしまう
自分がいます。日常を愉しんでよいのだろうか……?

人への支援もそうですが、猫と暮らす身としては、震災で
取り残されたり、はぐれたりした動物たちのことも気がかりです。

預かりが無理でも、せめて、療法食や猫砂などを注文するときに2セットにして、
1揃いを被災地の被災動物支援シェルターやNPO団体に送るなど、
小さく地道なことを、忘れないで続けていこう。そう思っています。

そんな我が家のひとコマ。
0507b.jpg0507c.jpg
猫トイレを掃除するのにかがんでいたら、めずらしく怖がりの
末っ子猫が乗ってきました。
思わずカメラを引き寄せて、必死で背中を撮るワタクシ。わき腹が
つるかと思いました。アホだ……。

ちなみに彼猫が満足気に乗っているのは、↓の赤丸部分でした。
0507a.jpg 「デニム着物で働き者」の日。
その他 | - | - |
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。