ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白いほろほろ
2011年 05月 14日 (土) 00:41 | 編集
メレンゲ系のお菓子が好きです。

たとえば富山銘菓の「月世界」。
大学生時代に、先輩に里帰りのお土産としていただいて以来、
二十年以上変わりなく、好きです。

日本橋三越の地下にある銘菓コーナーにひっそりと
置いてあるのを見かけると、1本、買って帰ります。

「月世界」を買った日は、戻るなりいそいそと珈琲を淹れ、
気に入りのミステリを広げて、読みながら少しずつすこしずつ
かじります。ほろりもろりと、品のよい甘さが広がって、
ブラックの珈琲やクリスティの作品などと、それはよく合う
味なのでした。

そんなメレンゲ好きにはたまらないお菓子を知りました。
岐阜は奈良屋本店の「雪たる満 都鳥」。
三越銀座店の銘菓コーナーで、「月世界」はないかと
見回しておりましたら、このお菓子が目に入ったのです。
迷わず手を伸ばしました。

その翌日、SHちゃんがウチに寄ってくれる機会があったので、
さっそくおもてなしに出したのでした。
都鳥&雪たる満奈良屋本店
甘くて白くてほろほろの……。

難点は、あまりに食べ心地がかろやかで、うっかり
2つ3つと口にいれてしまえること。
食べすぎ注意なのでした。

そしてこちらは、SHちゃんの手で存分に甘やかされてほろほろに
溶けていく、我が家のユキだるま。
ほろほろユキ

ところで、上記本文でリンクした奈良屋本店のサイトに行って見ましたら。
このメレンゲ菓子の製造過程が載っていました。
ほのぼのとして、いっそういとおしくなりました。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。