ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏至に想う
2011年 06月 24日 (金) 15:21 | 編集
夏至。
字面も響きも、なぜかとても好きなのです。
春分、秋分、冬至と並べてみれば、いっそう好もしさが増してきます。
もう何年も前、雑誌「ku:nelで「夏至」という名のギャラリーが紹介されたときは、
まずその名前に痺れて、行ってみたいと心焦がしたものでした。

そんな夏至をむかえて、はや三日目。
連日30℃超えですが、いまのところ、なんとか冷房は使わずに過ごせています。
いつまで冷房を使わずにいけるかなあ、と室内ではこんな格好でもろもろ
立ち働いたりしています。
daily_yukata.jpg
母の手縫い浴衣、おさがりをもらいました。
懐かしい印象の色柄が、以前は古くさく感じて苦手だったものが、年を経るごとに
好もしく思えてくるのが、わがことながら面白く感じます。
感じ方や好みが、年とともにびみょうに変調するのは当たり前かも知れませんが、
振り返ってみれば、好みの先が子ども時代の記憶に寄りかかっていたりして。

この浴衣下には、踊り用麻ステテコを履いていますが、履くたびにやはり
思い出すことが……。
ステテコといえば昔、父が家で履いているのを見ては「かっこわるい」と
子ども心に思ったものです。「なんであんなヘンなもん履くんだろ」と、
ごく正直に思ってました。(でもけして口にはしなかった)
それが今は、柄入りステテコがふだん着として脚光を浴びているとか。
時代は巡る。わたしも柄物が欲しいかも──。

shakuyaku.jpg 
思いがけずいただいた芍薬が大輪に咲き開いて、夏を謳っています。
そしてこちらも、いただきもの。
目を涼ませ、甘露を味わい、休憩時間を楽しんでいます。
そういえば子どもの頃は、カルピスがご馳走だったなあ。
herb_cordial.jpgkogasikokuto.jpg
その他 | - | - |
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。