ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テルとツン(ラララ、骨董ジャンボリー♪ その2)
2011年 09月 13日 (火) 20:32 | 編集
骨董ジャンボリー記事の続きです。

ちょいと間が空きがちで恐縮です。
先月来、週休1日ペースで日々頑張っておりまして(と自画自励)、書き終えると
かなり疲れてこちらのPCを開く体力・気力が残っていないことが多くなって
しまいまして。遅くとも10日には更新したかったのですけれども……、と遠い目を
いたしつつ、はい、でも、続きなのです。

今回のタイトル名はじつは、ジャンボリー滞在時間の最後の最後に手に入れた
土人形の名前です。
SHちゃんと一緒に、ほぼ素通りに近かったお店で、でも確実に視界の隅に
入れて記憶に残ったものがありました。
ごちゃごちゃっと土人形が集められた中にいて、ほとんど顔も見えなかったのに
なぜだかアンテナに引っかかり。
でもなあ、人形を集める趣味もないし、だいいち、居場所があるかしらんと
瞬間的に首をひねって、立ち止まることもなく通り過ぎたのですよ。

その後、SHちゃんと「おおっ」と惹きつけられたものが、こちら。
kottouj5.jpgkottouj6.jpg
土台は、昔の活版印刷で使われた、活字のケースです。
その上にガラス板をつけてくれたのがこちらのご店主。
これ、なにに使うかと申しますとですね。板を何枚か抜いて、好きな大きさに
調節して小物を仕舞うことができる──、つまり、帯留用の
ケースに使えてしまうのですよ!
これまで和菓子の空き箱に入れていた帯留たちを、きれいに飾りながら
いれてあげられる。その妄想に、たちまち胸が躍ります。

1つ2800円のところ、「2つ買ってくれるなら5000円にしとくよ」という
ありがたいお申し出に、迷うことなく手をあげた我々ふたり。
贅沢にも、1人2個ずつ、入手しました。

かくして手持ちの現金は1500円に。

これにて打ち止めだな、と、思ったのでありましたが──、別の店で
SHちゃんの足がぴたりと止まり、彼女の職業上にもおおいに役立つ
紙ものに釘付けとなりました。

箱の前にしゃがんで、真剣に物色しはじめるSHちゃん。
少々手持ち無沙汰になったわたしの脳裏に、しばらく前に素通りした
ものの姿がちらほらと浮かびはじめました。

ちゃんと見てもいないし、たぶん買える価格でもないだろうけれど、
待ち時間の間に確認してくるのもよろしかろう。
そう思ってSHちゃんに断ると、くだんの店に向かいました。

行ってみると、ご店主はお隣の店の方と楽しそうにお喋りちゅう。これ幸いと
ごった煮状態の台を覗き込みます。
でも、よく見えない。
やむを得ず、店主に声をかけました。
見せてもらうと、その子は思ったよりも大きく、また、鼻が欠けています。
……でも、なんとなく、やっぱり気になる。
念のため値段を聞いてみました。すると。
「1500円」とおっしゃるではありませんか。
有り金ぴったり!
思わず唸りつつも、さらにわが家に居場所があるかを熟考していると、
金額で迷っていると思われたらしく、店主がひと声かけてくださいました。
「なんとなくさ、(その人形と)感じが似てるから、1000円でいいや」
「え?!」
せ、千円? それはいけません。買わなければ、彼女たちに失礼にあたって
しまうでわありませんか!

というわけで、はい、来てもらうことといたしました。
kottouj7.jpg 堂々たるお姿。

あとで合流したSHちゃんと、上階の休憩所で戦利品を見せ合ったのですが。
「なんかねえ、似てるって言われたんだけど、この子、四等身だよね?」
確認すると、SHちゃん爆笑。
そりは笑いすぎだってば。
「いやまあさ、そのぱっつん前髪が似てるってことじゃないの?」
「そうか、そういうことか、そうだよね」
って話に収まり、ついでに、犬を従えた堂々たる姿がなんだか西郷隆盛像に
似ているねって言うはずが、「西郷輝彦にそっくりだよね!」と口を滑らせて
しまい。SHちゃんもしばらく気づかず、ふたりして隆盛さんを輝彦さんと
とりちがえながらお喋りにふけりました。ふっ。

そんなこんなで、この女の子の名前はテルちゃん。犬は、西郷どんの愛犬の
名前をいただいて、ツン。
そのように決定したのであります。
kottouj8.jpg おさまりました。
じつに充実したジャンボリー体験でありましたよ。ほっほっほっほ。

ちなみに、こちらが最初に1000円でKEEPした積み木です。
猫たちの水飲み皿台が欲しかったので。
kottouj9.jpg

……で、話は逸れますけれども。
あっしはあれです、「江戸を斬る」シリーズ中の、西郷輝彦と松坂慶子コンビ、
さらに鼠小僧次郎吉役の松山英太郎がごっつ好きで、テーマソングだって
歌えちゃったりするのですよ。
でも、放映当時、わが家では夜のテレビ視聴はほとんど禁止だったので(なかなか
厳しかった)、たぶん観たのは再放送。
たしか中学三年の頃に受験のため帰宅部となり、夕方からはじまる再放送を見て
ひとりこっそり嵌まったように記憶しておるのですが──(勉強しろよ)、
あの頃の日々の、心の張りのひとつであったなあ、と、懐かしく思い出すです。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。