ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物語溢れる布たちの。
2014年 05月 01日 (木) 14:10 | 編集
気づいたら世の中はゴールデンウィークに突入しており、
ブログも再開したはずが、またもかるがると1カ月が過ぎており。

わたわたと、撮りためた写真の中から最新ほやほやのものを
とりだして、あわててUPしておりまする。

つい先日、終わったばかりの(……告知もできず、たいへん
申し訳ないことでありました)AKA+Hさんの展示会。
いつもの西荻窪、ギャラリーMADOにて開催されていました。
aka01.jpg
いただいて以来こればかり、の水玉大島。
(詳しくはすぐ次の記事にてかならずや)

あまりにも久々で、でも、ブログ「色のあるくらし」でご様子は
存じ上げていたので安心もいたしつつ、SHちゃんとにこにこ出かけて
まいりました。

だがしかし。
ひさしぶり、というのはたいへん危ういことであり──。
すっかり忘れていました、ライヴの力というものを。
じっさいに目にし、手に取るAKA+Hさんのファブリック、そして
品々の豊かな物語性に、ほぼ一瞬で持っていかれてしまいました。
aka03.jpg
そして連れ帰らせていただいた品々。

いやー、よかった。楽しかった。
そのうえ偶然、紅茶のたいへんおいしい店(手作りケーキのお味も
Delicious)に立ち寄れて大満足。
『Tea&Cake Grace』、来客の途切れることない賑やかさ、忙しさ。
にもかかわらず極上の接客でした。
aka02.jpg
ごちそうさま、と天に向かってもほほ笑む一日也。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。