ある日とつぜん、着物に目覚めたものの──、さてどうすれば? 迷いながら訊ねながら学びながらの着物日々記録。
*** 着迷いごと ***
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
根津千駄木下町まつりへ その参
2014年 10月 19日 (日) 23:33 | 編集
そして貞さんのギャラリー、フラスコをも覗いてから、並びの「トンボロ」へ。

しかし土曜日の神楽坂はそう甘くはありませぬ。
トンボロも、並びの「カフェスキッパ」も、満員御礼なのでした。
(ときおり、ここでランチをいただくことも。よい感じにゆるっとなれます)

いいかげん歩き疲れてきて、ひとりは睡眠3時間ばかりで、ふたりは珈琲飲みたくてしかたなくて、
さてどうしましょう。

とりあえず目当ての「木の花」方面へ坂を下り、奥に入り……、ふとビルを見上げたわたしの目に
カフェの文字が飛びこんできました。
おお、救いのオアシスがビルの三階に⁉︎

こうして偶然入ったのは「シマダカフェ」。

ちゃっかりフレンチトーストもいただいて、生命力を回復します。

しばし休憩ののち、ようやく「木の花」へ。もうずいぶんと前(たぶん七、八年前)に雑誌「七緒」で
見て以来、福岡には行けないし、でも実際に手にとって見てから買いたいし、と、悶々とした記憶のあるショップです。
いまは月のうち日にちを限って神楽坂店を開いておられ。

初めて立ち寄った木の花さんで、ずうっと気になっていた長い丈のうわっ張りを、みごと入手したのでした。

さて、本日のコーディネート。
連れふたりはそれぞれ、秋のそぞろ歩きにぴったりの組み合わせ。

漆塗りの水面につややかに揺れる紅葉鮮やかな羽織。
しあわせを絡めとる蜘蛛の帯留。

羽織紐は酒井さん作です。

SHちゃんの帯では枝の上をリスが跳ね回り、

なんと前面にはナマケモノが。

この帯留は、旧・フジタチサト(現;スナ・フジタ)さん作

そしてわたしは、かをる様作文福茶釜帯。お祭りには物の怪がちょうどいい、ような気がしたもので……
まさかお稲荷様の鳥居を潜ることになろうとは。


(詳しくはかをる様のブログ「中村かをる総作帯屋」へ♪)

この日はけっきょく、10000歩以上歩いてました。そぞろ歩きというより、しっかりみっちり歩いたようです。
食べた分をいくぶんなりと消化できていたらいいなぁ、と願いつつ。
copyright (C) 2007-2009, Io Sakano all rights reserved.
無断転載は固くお断りいたします。
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。